皮膚の構造とコラーゲンの働き



コラーゲン最旬情報



コラーゲン最旬情報 » 皮膚の構造とコラーゲンの働き

皮膚の70%がコラーゲンって知ってた!?

肌だけでなく髪や爪、関節部分など身体のさまざまな部分に存在するのがコラーゲンです。なかでも最もコラーゲンが多いのは皮膚であり、 水分を除くと約70%がコラーゲンになります。これだけを聞いてもいかにコラーゲンが肌にとって重要なものかわかりますよね。

コラーゲンが存在するのは真皮層

老化現象がモロに影響するのも真皮層

人間の皮膚は3つの層があり、肌表面に近い重から「表皮」「真皮」「皮下組織」といいます。

コラーゲンはこの3つの層のなかの真皮の主成分です。真皮はコラーゲン、エラスチン、細胞外マトリックスという3つの成分で構成されており、 コラーゲンやエラスチンで作られた網状構造の隙間をヒアルロン酸が埋めています。

この真皮は肌の弾力を保ち、表皮を支える土台になっているだけでなく、毛細血管により栄養と酸素を肌のすみずみまで届けるという働きもあります。

女性の多くが気にするシワやたるみといった老化現象に最も関わってくるのがこの真皮ですから、真皮の機能をいかに保ちつづけるということができるかが そのまま見た目の若さの維持につながるといっても過言ではありません。

その真皮の水分を除く70%を占めるのがコラーゲン(エラスチンは5%程度)ですから、若々しくハリのある肌を保つためにはコラーゲンをいかに守るか、維持していくかということが不可欠だということです。

コラーゲンは年をとっても減少しない!?

コラーゲンで大事なのは量より質

コラーゲンは3本の鎖状の繊維がらせん状に絡み合った構造をしており、復元力と強度があります。

この構造があるからこそ肌はふっくらとした弾力をキープできるのであってコラーゲンが減少したり、変性してしまってはピンとしたハリを保てなくなるのでシワやたるみが目立つようになります。

よくコラーゲンドリンクやサプリの広告にはコラーゲンは年齢とともにどんどん減っていくと詳しく図まで載せて説明してくれていますが、実際はというと20歳と60歳を比べてもコラーゲンというのは10%程度しか減少しません。

というわけでコラーゲンの量の減少というのは、実はさほどシワやたるみには影響していないんです。でも加齢にともないシワやたるみが目立つようになりますが、 その原因は何か?コラーゲンの変性・劣化なんです。つまり、量ではなく質が低下したということ。

糖化や紫外線、活性酸素の影響でAGEsや酸化ストレスが蓄積されることで真皮層のコラーゲンはダメージを受けて変性・劣化します。

ダメージを受けたコラーゲンもすぐに新しいコラーゲンに入れ替わればいいんですが、真皮は表皮のようにターンオーバーすることはありません。 ただ、コラーゲンは繊維芽細胞で合成・分解されているので代謝は行われています。

しかし、そのスピードは非常にゆっくりで数年かかります。そのため真皮層に傷つくと消えないし、ダメージが蓄積されると、どんどん老化&劣化コラーゲンが増えてしまうんです。

そのため肌のコラーゲンを劣化させないことが大事だということです。