糖化と酸化を防ぐには?



コラーゲン最旬情報



コラーゲン最旬情報 » 糖化と酸化を防ぐには?

肌を老化させる糖化と酸化に対する対策を考える

加齢とともに肌内部では糖化や酸化がすすむため、細胞がダメージを受けやすくなり、老化がどんどん進みます。アンチエイジングというのはつまり糖化と酸化を防ぐことといっても過言ではありません。

糖化を防ぐために意識したい4つのこと

糖化はまず体の内側からのケアを意識する

肌に関する悩みというとすぐに化粧品を使ったスキンケアを何かしないと!と思いがちですが糖化にかんしては食生活の見直しが9割です。それだけ普段食べているものの影響が糖化と関係があるからです。

普段の生活で意識したい糖化対策のポイントを紹介すると、

  • できるだけ糖質の低いものを食べること ※低GI食品を食べる
  • 食後15分以内にウォーキングをして血糖値の上昇を防ぐこと
  • 筋肉には血糖を蓄積する役割があるので量が多いほど糖化対策になること
  • 焼く、揚げるなど高温調理法はNG
普段食べている白米や食パンなどは糖質が高いのでできるだけ避けたほうがいい食品です。ベジタリアンになるべきかといえばそうでもなくて野菜でも 根菜類、フルーツも果糖があるので糖化が気になるならあまり食べないほうがいいといわれています。

もちろん糖質は脳の唯一のエネルギー源なので不可欠な成分です。しかし、現代人は食べ過ぎといわれています。その証拠ですが脇腹のお肉をつまんでみてください。 必要以上の糖質は脂肪として蓄えられますから、糖質摂り過ぎている人はしっかり脇腹に脂肪がついているはずです。

甘いもの大好き!炭水化物大好き!運動は嫌い!という人は女性の場合、非常に多いと思いますが、まさしくそのスタイルが糖化を促進するスタイルだということです。

糖化のことを考えるなら何を食べたらいいのか?

糖質の低いものを食べるってどういうこと?

糖質の高いものは白米や食パン、麺類などもそうです。

それから揚げるや焼くといった調理方法にも気をつけないといけないとなると一体何を食べればいいのか?食べるものなんかないと思ってしまいそうですが 実際確かにそうなんですよね。厳格にやろうとするとかなり難しいと思います。

参考になるのは糖尿病食のレシピや糖質制限ダイエットのレシピでしょうか。前者は命にかかわる病気ですし、後者は痩せるまでの一時期我慢するだけなので 頑張れると思いますが、肌老化のための糖質制限となると一生なので大変なのは間違いないです。

そのため糖化を防ぐ作用のある食品をなるべく多く取り入れるというのがおすすめです。糖の吸収を穏やかにするという酢(クエン酸)、難消化性デキストリン、 ビタミンB6、発酵食品を食前や食事の際に一緒に摂取するということです。

ドクダミやグァバ葉茶など糖化を防ぐといわれるハーブを組み合わせた混合ハーブを配合した健康茶やサプリもあるのでそういうのを取り入れるのもいいと思います。

食生活の見直しだけで糖化対策をしようとすると糖質が大好きな女性の場合、ストレスになります。食べるのを我慢できそうもない人は筋肉をつけるとか、 食後に運動するといったことで血糖値を上げないようにするなど他のことでカバーする必要があると思います。