髪、爪、関節にも効果のあるコラーゲン



コラーゲン最旬情報



コラーゲン最旬情報 » 髪、爪、関節にも効果のあるコラーゲン

髪、爪、関節が丈夫になるコラーゲンの効果

皮膚に骨にありとあらゆる場所に存在するコラーゲンだからコラーゲンを取り続けることで肌以外にも変化を実感できることが多いです。特に髪と爪はその傾向があります。

髪と爪に如実にあらわれるコラーゲンの効果

髪が太く、爪が丈夫に!

コラーゲンを取り続けると肌への実感を感じる前に髪と爪にその変化を感じる人も多いです。

それもそのはずで髪と爪はケラチンという20種類以上のアミノ酸が結合してできた成分で構成されているから。髪にかんしては90%がタンパク質ということですから コラーゲン摂取の影響が如実にあらわれますし、逆にいうとタンパク質不足の影響もでやすいということです。

例えば髪であればタンパク質が不足すると切れやすくなったり、ツヤが悪くなります。ヘアケア用品にアミノ酸を含むものが多いのも髪にタンパク質を補うことが大切だからですよね。

爪も同様で割れやすくなったり変形するという場合はタンパク質不足が原因かもしれません。老化のせいで爪が脆くなった人にコラーゲンを勧めたところ爪が丈夫になったという報告もあります。

髪と爪に特にコラーゲン摂取の効果や不足の影響がでやすいのは、いずれも生命維持には関係ない部位だからです。

人体はタンパク質不足になるとまっさきに生命維持には関係のない髪や爪へのタンパク質の供給を停止します。そのため髪や爪にはタンパク質不足の影響がてきめんにでます。

もしかすると髪のツヤが悪くなったとか細くなったという場合、また爪がひび割れするなど脆くなったときはタンパク質不足も考えてみる必要があるということです。

不足している分を補えば、髪もツヤとコシを取り戻しますし、爪も丈夫になると思います。

その他のコラーゲン効果があらわれる部位一覧

健康と美には欠かせないコラーゲン(タンパク質)

髪や爪をクローズアップしましたが、その他の部位にもコラーゲン効果はあらわれます。

例えば脳みそ。神経伝達物質の原料となるのはアミノ酸です。タンパク質が足りないと脳の機能も低下して、精神も不安定になります。

脳以外のタンパク質が優先的に回される部位といえば内臓や血液です。タンパク質は内臓や血液、免疫機能に関わっているんですね。それから関節同士が擦りあわないようにクッションの役割を果たしている軟骨もコラーゲンが関係しています。 加齢によってコラーゲンが減少したり、変性すると関節が痛みやすくなるのはご存じでしょう。

筋肉や血管を強く丈夫にするということについてはあえて説明する必要はないでしょう。

他にも知られざるコラーゲンの効果としては骨が丈夫になるということがあります。骨密度を高めて骨を強くしてくれるので関節炎にいいんです。 それから傷が治りやすくなります。傷を治すメカニズムというのが繊維芽細胞がキズの部分に集まり、コラーゲンを合成して傷を修復するからです。

コラーゲンを摂取していると線維芽細胞が増えるので傷の治りが早くなるんですね。

肌や髪や爪の美しさという女性であれば気にする部位の見た目にかかわっているだけでなく、健康を維持するためにも不可欠なのがコラーゲン(タンパク質)なんです。 それを「タンパク質は太る」なんて間違った思い込みで制限している人がいるわけですから、無知って怖いですよね。